1章だけ大賞
結果発表
編集X

編集Xの[擬人化]1章だけ大賞

擬人化作品が好きです。
アイデア光る1章をお待ちしています。
編集Xの[擬人化]1章だけ大賞を開催。

結果発表
昨年に続き、全体で約300通のご応募ありがとうございました。
編集Sのスポーツ、編集Xの擬人化、編集Eのエモい。
それぞれ独断と偏見で選考した結果、全体で4作品(3名)が受賞することになりました。
受賞作品と気になった作品には、選評を掲載させていただきます。
受賞者は担当者とみらい文庫での刊行をめざすことになります。
【総評】
残念ながら受賞作なしという結果になりました。募集前は1章だけ大賞に向いているジャンルと思っていましたが、「キャラ」と「ストーリー」の両立を1章でうまく構成することは難しかったという印象を受けました。
アイデアが光る作品の応募は多かっただけに、擬人化してできたキャラをどう縦軸に結びつけるかを再考して、みらい文庫大賞にご応募していただけると嬉しいです。
各賞
受賞作なし
気になった作品
『一筆書かせていただきます!』
吉田詩織

「手紙の代筆屋の修行の身」という設定と読むと、どうしても既存の人気作品との被りが気になりました。
だから、NGというわけではないですが、既存の作品を凌駕する何かがないと難しいのかなと思います。

『ボクらはゲンソでできている。』
うみのあきら

大人の私は「元素の擬人化って面白そう」と思いますが、小学生にとってどうかは疑問です。
学習指導要領を調べてみると、「元素」は中2で習うそうなので多くの小学生には少し早いかなと思いました。

『ヒミツの落とし物委員会』
八谷紬

「落とし物」という括りになると範囲が広すぎるので、もう少し括りを絞るとよくなると思います。
学校内にあるものを擬人化する発想はよかったので、特徴をうまくキャラ化できるような工夫がほしいです。

『筆箱の中から、「好きでした」!』
風祭千

「文房具の擬人化」はいいアイデアだと思います。しかし、「かっこいい」を追求したいのか、「おもしろい」を追求したいのか、中途半端に感じました。キャラの名前の付け方から再考してみてください。

『ジュエルン・ティピーテント』
かきぐりもも

「宝石の擬人化」作品の応募作は複数ありましたが、「宝石の擬人化」もすごくいいアイデアだと思います。
キャラは作りやすいと思いますが、縦軸がなかったので冒頭からストーリーがわかるとよくなると思います。

『スシサムライ!』
海見みみみ

シンプルにおもしろそうです。ただ、児童文庫での刊行をめざすことが適切かどうかに疑問を感じました。
絵本やもう少し低学年向けの読み物に向いていると思います。児童文庫で刊行するにはどうすればいいでしょう。

『ひみつの星座ダンシ』
琴織ゆき

「星座の擬人化」もいいアイデアだと思います。応募作は話の縦軸が見えてこなかったのは残念でした。
物語のゴール、主人公の動機、そのために起こした行動、どれもなかったので、そこから再考してみてください。

『初めて買った色つきリップが、恋のキューピッド系俺様王子になってしまった!』
春月あめ

読前にライトノベル的なタイトルの付け方にはあまり惹かれませんでしたが、読み始めると文章は巧みでした。
年齢が読者に近いということはそれだけで武器になると思うので、最大限活かしてください。

  • みらい文庫公式twitter
  • Youtubeみらい文庫ちゃんねる
  • みらい文庫LINE公式アカウント