みらい文庫の本

“いのち”のすくいかた

捨てられた子犬、クウちゃんからのメッセージ
児玉小枝(こだまさえ) 写真/文
クウちゃんは、生後2ヶ月の子犬。だれかに捨てられ、動物収容施設にいました。幸運にも新しい飼い主があらわれ、いのちをすくわれることに! でも、そのいっぽうで“捨てられるいのち”は少なくありません。私たちに何ができるのか――。

ISBNコード:978-4-08-321265-9

定価:620円(本体)+税

発売日:2015年6月2日

みんなの感想

  • かたなまりまはまかてらやたなあはらあ さん / 男 / 小学生以下
    とても感動した
  • ニャンコ さん / 女 / 小学5年生
    私はこの本を読見終わった時に泣きそうになりました.
    私はよく命を捨てられるなと思いました
    いま私はハムスターをかっているので改めて大切にしたいといと思いました
  • ねこぽこ さん / 女 / 小学6年生
    私は、犬を飼っているのでこれまで以上に大事にしようと思いました。飼い主の勝手で捨てられてしまうなんてかわいそうすぎ❗️
  • ふきざくら さん / 女 / 高校生以上
    台湾の読者です。日本の捨て犬や、捨て猫達の問題はこんなにひどいだとビックリしました。
    台湾では、2017年から"零撲殺"(零安楽死)を実施し始めました。
    今で"請以領養代替購買"(ペットは買わずに里親に)、"領養不棄養"(家族を見捨てないで)などのスローガンが、どこでも見える。
  • ひかり さん / 女 / 小学6年生
    飼い主のみがって理由で、小さな小さな命をなくすのは、おかしいと思いました。動物だってもっと生きたいはずなのに、可哀想だと思いました。動物などの小さな命でも、守っていきたいとあらためておもいました
  • 深海魚 さん / 女 / 中学1年生
    犬や猫達の捨てられた理由を見て、飽きたからや、可愛くないから、汚いし臭いから、などの理由があって、なんでこの子達はこういう人に飼われてしまったのだろうと思いました
  • くー さん / 女 / 小学6年生
    最初の部分ではページをめくるたびに涙が溢れてきました。
    人間の自分勝手な理由で捨てられている動物たちのことを考えると胸がきゅーっと締め付けられるように苦しくなります。
    この本を読み、改めて命の重さ、大切さを感じました。

この本を読んだ感想を送ってね!

  • ★ 感想は、心をこめてかいてください。
  • ★ めちゃくちゃな感想は紹介できません。
  • ★ これから読む人に、犯人や事件解決がわからないように気をつけてね。
  • ★ 送ってからすぐにはホームページに紹介はされません。

    最新の特集