みらい文庫の本

三国志4

神楽坂 淳 作
フカキショウコ 絵
80万という強大な曹操軍が、孫権軍に攻めてくる! 孫権が戦うか降伏するか、迷っていたところへ劉備軍の軍師・孔明が現れる。最大の決戦『赤壁の戦い』を描いたシリーズ第4弾。

ISBNコード:978-4-08-321086-0

定価:600円(本体)+税

発売日:2012年4月5日

みんなの感想

  • 飼い主 さん / 女 / 中学1年生
    この本は分かりやすくていいです。文章の書き方とか、書く量とか、ふりがなとか、人物構成とかです。三国志の他の本には読むのが難しいものが多くて何回も読み返さないとわからないことがありました。妹にも読めそうだと思って勧めてみたところ、妹も三国志に目覚めて劉備玄徳、劉備玄徳言っています。一緒に本の内容について話せて嬉しいけど、私的には曹操がかっこいいと思うので、そのズレがちょっとあぁ、って感じではあります。

この本を読んだ感想を送ってね!

  • ★ 感想は、心をこめてかいてください。
  • ★ めちゃくちゃな感想は紹介できません。
  • ★ これから読む人に、犯人や事件解決がわからないように気をつけてね。
  • ★ 送ってからすぐにはホームページに紹介はされません。

    シリーズ作品

    最新の特集