みらい文庫の本

戦国姫

─茶々の物語─
藤咲あゆな 作
マルイノ 絵
浅井長政と織田信長の妹・お市の方の長女として生まれた茶々は、親の仇(かたき)である豊臣秀吉の側室となる。世継ぎの秀次をもうけるが、秀吉が亡くなると豊臣家は落ちぶれていき……。浅井三姉妹の長女・茶々の数奇な運命を描く!

ISBNコード:978-4-08-321305-2

定価:680円(本体)+税

発売日:2016年2月5日

みんなの感想

  • ♪T.H♪ さん / 女 / 小学3年生
    茶々姫は今の時代でも、とてもすごいです‼︎
  • さくら さん / 女 / 小学4年生
    三姉妹の長女として
    次女の初、三女の江を苦しいときも悲しい時も支えていた茶々は
    すごい!!!!!!!!!
    尊敬する!
  • 黒neko さん / 女 / 中学1年生
    茶々はなぜ親の仇の秀吉を好きになったんだろう、、、
    昔にタイムスリップして取材したーーい‼️
    これからも頑張って下さい! 大好き。
  • !! さん / 女 / 小学6年生
    面白い!昔が好きになる




  • 華 さん / 女 / 中学1年生
    母と父の死を目の前で見ても必死に耐えた
    茶々は本当にたくましいと感じました。
    戦国のお姫様の話はよくあるけど、この本は
    読みやすい上に、絵が可愛いくて良かったです!
  • ☆T.K☆ さん / 女 / 小学4年生
    茶々が、親の仇の側室になったのがとてもびっくりしました‼︎
  • まこ さん / 女 / 中学1年生
    親を亡くした茶々は親の仇の豊臣秀吉の側室になった!
    茶々はどんな気持ちで側室になったのかな?
    そして徳川家康が豊臣氏を滅ぼし悲劇な最期をおくったのはかわいそう

この本を読んだ感想を送ってね!

  • ★ 感想は、心をこめてかいてください。
  • ★ 読んでいなかったり、めちゃくちゃな感想は紹介できません。
  • ★ これから読む人に、犯人や事件解決がわからないように気をつけてね。
  • ★ 送ってからすぐにはホームページに紹介はされません。

    シリーズ作品