みらい文庫の本

戦国姫

─鳥の巻─
藤咲あゆな 作
マルイノ 絵
姉と妹の架け橋になるべく、力を尽くす初姫。義父の徳川家康から婿選びを命じられた小松姫。彼女が選んだお相手は? 父の謀反により、過酷な運命を背負うことになった細川ガラシャ。ほか、戦国時代を果敢に生きた、7名の姫君たちの物語。

ISBNコード:978-4-08-321125-6

定価:600円(本体)+税

発売日:2012年11月5日

みんなの感想

  • みあ さん / 女 / 中学1年生
    ガラシャ、来世での幸運を祈ります。
  • ☆T.K☆ さん / 女 / 小学4年生
    浅井三姉妹の次女の初姫が本当に、大らかな翼だと思いました。小松姫は、城を守ったことがすごいと思いました。次の巻待ってます‼︎
  • まるこ さん / 女 / 小学6年生
    細川ガラシャが一番好きです!細川家のために死ぬっていうところがすごいと思います!
    これからも楽しみにしてます!
  • 黒neko さん / 女 / 小学6年生
    細川ガラシャの物語が、とても感動した!
    家のために死ぬなんて、、、、、すごい!
    次回も楽しみにしてます!

この本を読んだ感想を送ってね!

  • ★ 感想は、心をこめてかいてください。
  • ★ 読んでいなかったり、めちゃくちゃな感想は紹介できません。
  • ★ これから読む人に、犯人や事件解決がわからないように気をつけてね。
  • ★ 送ってからすぐにはホームページに紹介はされません。

    シリーズ作品